« 本日2月14日は | Main | 荒らしと放火はブログの華 »

影響力のあるブロガーは慎んだ言動をとれという声が上がる件について

 そうか? 前から思っているのだが、今ひとつしっくりこない。

 切込隊長が某記者ブログの火付け人の一人であり、個人情報をオープンスペースから探し出して晒したことをカミングアウトしたことで、またタイトルの様な声が上がっている。思えばジェンキンス祭りの時もそうだった。良心的な人は眉を顰められたようだが。でもね、隊長は厨房なんだよ。いやそれは免罪符ではないけれど。

 どちらの件でも積極的に参加せずとも笑っていた私も同罪だろうな。だって私も厨房だもの。いや免罪符にしているつもりはないのだけれど。

 確か、木村剛さんがアイタタなエントリをあげて、燃え上がった後言い訳をした時も同種の声が上がっていた。恐らく声をあげられた方はかぶっているのだろう。その意見も理解できる。全くもって大人げない。誠に申し訳ありません。

 しかし、影響力があるからやめろ、という言い分はどうなのか。ヒャッホウ、影響力無き私はオッケーってことですか。ネットのオーデイエンス全体が慎んだ行動をとれ、と訴えるのならまだしも。まあこれは実際不可能だろうが、ネットというオープンスペースに残したことのある情報である限り、誰かが探し出し晒しうる。何故ならネットの上は善意で敷き詰められているわけでは無いのだから。確かに隊長は探し出すスキル(質・量・速度)と煽るスキルに長けている人だから現象を加速させているとは思うがね。

 これは、どちらかというと、受け手の側の問題なのではないかと思うんだな。多くのブロガーで一般的に使われている意味でのメディアリテラシ、CSに由来するそれというより、を磨くことを促す方が建設的なのでは。多くのブログが個人的なものであり、第三者の校閲なしに発信されるものであるからして、それを読み取る側がそういうものだと捉えて、流されないようにしていくしかないのではないかと思う。もちろん言い過ぎもあるわけだし、コラ隊長、それはどうよ、と突く自由はそれはそれであるのだけれど、その際もそういう言動の主をなじるよりも、ケーススタディとしてリテラシを鍛える意見を示す方が、今後に繋がるのではないのかと考える。

 そして、影響力のあるブロガーというのは、それだけ多様な人の目に付くわけで、納得しない人々による炎上しやすさを包合しているわけだし。個人の判断でやっているものをPVの差で切り分けるのが何とも。場末のブロガーにして厨房である私としてはあまり自治を訴えたくないのだよ。

 finalventさんのちと異なる件でおっしゃられた言葉を借りるが、野暮はよしましょうや、ぐらいに留めましょうや。

|

« 本日2月14日は | Main | 荒らしと放火はブログの華 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 影響力のあるブロガーは慎んだ言動をとれという声が上がる件について:

» 磨くのが無駄とは言わないけど [se acabo@WebryBlog]
「月ナル者」の「影響力のあるブロガーは慎んだ言動をとれという声が上がる件について」を読んで。概ねもっともだし肯ける内容なのだが、「メディアリテラシを磨くことを促... [Read More]

Tracked on February 16, 2005 12:54 AM

» 言いたい放題の裏には [ある大学院生の日記]
月ナル者さんが突いている点を小倉さんも突いているかと思ったら、彼はわたくしの想像 [Read More]

Tracked on February 16, 2005 01:42 AM

« 本日2月14日は | Main | 荒らしと放火はブログの華 »