« あかんやろ、これは。 | Main | 粗にして小だが実ではない »

育たねえかな、寄付文化

 実はそう思っとるわけです。

 今回のスマトラ地震でも、個人資産で目立った寄付をした日本人は松井一人(5000万)。いちろーsが出すわけないのは当然として、ほかの金持ち芸能人が寄付したというのを私は知らない。ぺは新潟に3000万、スマトラに3000万の計6000万寄付しているのだが。ジャニーズとかさ、家ばっかり建ててないでポンと出してみろよな。あと紅白の豪華衣装の方とか。

 要するに国としては日本>韓国であっても、こと寄付に関して言えば、韓国人>日本人となる罠。笑えねえ。以前新潟地震の際、堀江社長に一億円くらい寄付したら、とエントリ書いてTB打ってみたが、当然の如くスルー。これは当たり前だとしても。

 韓国人に聞いたところによると、セレブな人は出さなきゃいけない雰囲気になるそうだ。でも、idealbreakさんのこのエントリを読むと、それだけではない気がする。

 それに反して日本は何でだろ、と考えていたわけだが、R30さんのエントリにこうあった。

 日本の民間寄付が少ない理由も簡単だ。大金持ちから寄付を引き出す「営業努力」をする団体というのが、ほとんどないからである。
  なるほど。是非政策に取り入れて頂きたい。岡田さんとかもさ、本気で政権とる気があるのなら、ここら辺でパフォーマンス見せればいいのに。イオン関連とかで金持ってんだから、自分もゴージャスに出しつつ、寄付を煽ってみろってんの。無論現総理がやってもらうのが一番だが。

 更にR30さんのところで続きで述べられている「善意のTSUNAMI」を引き起こすことのできるアメリカ、これも正直、感心する。こちらでも書かれているように、自治の精神からくるようだ。一部引用。

 しかし、税金控除のシステムや宗教的背景に加えて、アメリカで実際に非営利団体を見ていて強く感じるのが、アメリカ人の自治の精神が「寄付の文化」を支えているということである。寄付にしても、ボランティア活動にしても、アメリカ人にとっては「いいことをしている」という意識からやっているというよりは、「自分たちのことは自分たちでする」という考え方から来ているように思えてならない。世界各国からの移民で成り立っているというこの国の構造を考えれば当たり前のことかもしれないが、いわゆる「公共の福利」は政府ではなく、市民が自分たちの手で作り上げていくものであるという意識がとても強いようなのだ。
 その視点に立つならば、日本人は公共の福利を政府か何かに依存しているということになる。現時点では、今ひとつ自立していないとみなされても仕方がないな。

 多分にキリスト教の中に「寄付」が組み込まれているのが強いと私は思うんだが(だから韓国は熱心)、そういってしないのも、長期的な日本人の評価にマイナスだと思う。寄付という行為においても、文化レベルが計られてると思うんだな。自然に出来ないのならば、意識してやるように心掛ければ、少しずつでも、ましになっていくのではないかと、自省を込めて終わりにしたい。

 最後に追記。別の国の寄付文化の例として、フランスにパスツール研究所という民間の研究機関があるが、これも凄い。非営利活動を行うことを大前提として、大変な額の寄付が集まるのだと以前に聞いたことがある。シンプソン夫人が没後寄付された遺産のうち、宝石類の一部で図書館が建ったと聞いたときは頭がくらくらしたさ。ワイナリーとか寄付されて困るのはご愛嬌。

 

|

« あかんやろ、これは。 | Main | 粗にして小だが実ではない »

Comments

TBどうも。
アフィリエイト収入をユニセフ・マンスリーサポートに寄付してます。調子こいて毎月1万円も設定したら、赤字になりました(トホホ)。

根がめんどくさがり+小心者なので、対象を大組織にしてしまいましたが、もし本当の寄付文化というものがあるとしたら、きちんと自分の考えで寄付先を決め、組織の運営を見つめ、できれば行動に参加するくらいの気持ちが必要なんでしょうね。

アフィリエイト収入を自動的に寄付というのは我ながらいいアイデアだと自賛しています。寄付に伴うある種の”こそばゆさ”もないですし、「あさまし」などといわれる自責の念も払拭されます。

なにより、広告リンクを張りまくっても、ぜんぜん悪いことしている気にならないというのがいい気分です。

Posted by: ゆう | January 14, 2005 at 11:09 AM

ゆうさん、初めまして。
コメントありがとうございます。

その「気持ち」はブログ界隈でよく使われる意味でのメディア・リテラシに通じるような気もします。

>寄付に伴うある種の”こそばゆさ”
すごくわかります。日本人のボランティアと聞いて眉毛がぴく、となる私としては。よく道を聞かれて案内するんですが、そんな感じで行動できたら、と思ったりもします。あるいは初もうでの賽銭とか。

何か話がずれましたが、今後ともよろしくお願いします。

Posted by: Giraud | January 14, 2005 at 04:41 PM

とてもわかりやすく日本の寄付のことをまとめてあって参考になりました。ありがとうございます。TBさせてください。

Posted by: blc | January 18, 2005 at 02:23 PM

blcさん、はじめまして。
TB等、どうぞご自由に。

Posted by: Giraud | January 20, 2005 at 06:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26058/2567403

Listed below are links to weblogs that reference 育たねえかな、寄付文化:

» バレンタインデー募金ってどお? [発見の日々]
 もうすぐバレンタインデー。問題は義理チョコ。これやめて、寄付に回せないかスマトラ大地震と津波で被害を受けた国に送れないだろうか。ということを考えた。 今回思う... [Read More]

Tracked on January 18, 2005 at 02:36 PM

« あかんやろ、これは。 | Main | 粗にして小だが実ではない »