« ココログなら可能かも知れない方法 | Main | 45%のアメリカ人が創造論を信じているんだって »

ビジネスに誘われた話

 大学を卒業してから暫くして、同期が電話をかけてきた。懐かしさもあったので会ったわけだ。

 車でやってきたそいつが開口一番、
「俺な、ビジネスはじめたんや。」
ほえ?仕事始めたと言えんのかこいつは。まあ面白いから話を聞くか。

 車に誘われ、そいつの家へ。ワンルームで、妙に物が少ない。
で、ビジネスって?
私が聞くと、それには答えず部屋の隅の所で何やらごそごそ。

 洗剤が出てきましたー。そして講釈が始まる。
「この洗剤は泡立ちが〜、洗浄力が〜、環境に〜。」
興味無い私は極めて素っ気なく応対。そんなものどうだっていいわけだ。洗剤なら親父が一時売ってたなあ。

 もともと口数の少ないやつだったのに、話すようになったのう、等とつらつらと考えていたら、
「ディストリビューターが、〜」
何だアムウェイですか。マルチかよ、ツマンネ。君の説明では売れないな、とさらに素っ気なくなる私。反応の鈍さにしびれを切らしたのか、別の場所へ誘われる。好奇心の旺盛な私はついて行く。電車も終わってる時間だし。

 つれて行かれた先は同世代の兄ちゃんの家。勿論初対面。再度講釈が始まる。今度は資料付き。
「洗剤だけじゃなくて鍋も〜」
おお、これが名高いアムウェイの引き込みか。同期の「親」だけあってこれならまずまず。具体的な手の内を知るチャンスと清聴する私。時折茶々質問をすることを忘れずに。

 曰く、本業に影響が出ないからサイドビジネスとして最適。曰く、「孫」がつけばそれで自分は楽に儲かる。曰く、モノとしてもすばらしいから自分が使うのも良い。曰く、アメリカでは一般的だ。曰く、こういうのは早く参加した方がいいから今がチャンスだ。曰く、あと何だっけな。どんどん熱くなってくる初対面の彼。さらに冷める私。

 ごめんよ、その手法とその裏は全部親父に聞いたことがあるんだ。親父はアムじゃないから違うところがあるかな、と思って聞いてるんだけど、変わらんね。ディテールを聞くことが出来たのは収穫だが。ふーん、こんな時間まで頑張って月5、6万の上がりですか。本業首になるとやって行けないね。モノ?仮にモノがようてもその値段では買わん。オノレはともかく、ワイは大阪人や。忘れとんちゃうか。新聞の購読料をやな、半年契約で三か月只にして、洗剤10個ゲットして初めておかんに良し、と言われる大阪人なんや。舐めたらあかんでコラ。

 飽きたので、頃合いを見て丁重にお断り。説得をあきらめて気持ちを切り替えた「親」が「子」である同期に打ち合わせ。
「明日、これを売りこんで回るから会社は休んでー」
えー。本業を休んでまでディスカー。手の内は極力見せぬが吉なのに。大人な私は突っ込みませんでしたが。眠かったし。

 残念がる同期に家まで送ってもらい帰宅。親父が
「何やったんや?」と聞くので、
「んー、マルチ。」と自然に返事。
「ああ。疲れたやろ。」と言われる。

 時計を見ると午前2時を過ぎていた。軽く食って就眠。すっと眠りに就いた記憶だけが残っている。

|

« ココログなら可能かも知れない方法 | Main | 45%のアメリカ人が創造論を信じているんだって »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ビジネスに誘われた話:

« ココログなら可能かも知れない方法 | Main | 45%のアメリカ人が創造論を信じているんだって »