« 日米合作 | Main | 三題噺〜It's Japanese Style !〜 »

本当はこういうの中心のつもりだった

 Made in Japan のキャビアが出荷されたそうで。(毎日新聞)

 キャビア、とくればやはりシャンパーニュ。いやマジで。去年それが真実であることを知りましたですよ。正月に家で食わんからと逝ってキャビアを持たされた。冷蔵庫で暫く放置していたが折角なので買ってあったスパークリングワイン(Gratien & Meyer Cuvee Flamme Rose)と一緒に賞味。

 何ですかこれは。

 不思議にしっくり来る訳で。嗚呼これがマリアージュ。今までの俺が間違っていたよorz

 ええ、世間様で言われているのは伊達ではなかった、と言うことで御座います。ただ、今回はワインがキャビアに負けていたような。やっぱシャンパーニュっすかね。

 と、言うことで、お薦めと飲んでみたい奴リスト。サンタクロースとか言う偽善者出しゃばる季節も近いことだしな。前にも書いた気はするがそれは忘れて。まずはお薦めから。
1)Krug Grand Cuvee
圧倒的。酒関連の専門誌や一般紙のシャンパーニュ特集には欠かせないにも関わらず、料理雑誌の特集では見たことがない不思議さ。料理が負けてしまう訳だね。この料理人泣かせが。鰻に合うらしいよ。(訪問記
2)Salon
減点法で100点が付くような、そんな繊細さを備えた代物。料理雑誌にもよく顔をだしてはりますえ。(訪問記
3)Alfred Gratien Cuvee Paradis
貧乏人のKrugとは失礼極まりない表現だ。ただ、Krugに似たところはある、あちらとは違い、優しさを感じる。アッサンブラージュの妙か。まさにParadise!。ちなみに私はこれが好き。

 次に飲んでみたいぞリスト。
4)Jacques Selosse
マニア絶賛その1。ビオディナミ(英語だとBio Dynamics。大雑把に言えば自然農法)で作り出される少量、高品質シャンパーニュ。(訪問記
5)Egly-Ouriet
マニア絶賛その2。ピノ・ノワール種が凄いらしい。(訪問記

 最後に番外。普段はこれがお薦め。
6)Jacob's Creek
オーストラリアのスパークリング。上の輩に比べ、劇的に安い(千円ちょっと)。飲みきれなくて残しても、罪悪感を感じず、胸を張って飲めるという。同一価格帯では絶品。超お薦め


 どれも一般的なクリスマス向けでは無い所が私らしくて。

|

« 日米合作 | Main | 三題噺〜It's Japanese Style !〜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26058/1906332

Listed below are links to weblogs that reference 本当はこういうの中心のつもりだった:

« 日米合作 | Main | 三題噺〜It's Japanese Style !〜 »