« B・S・E! B・S・E! | Main | 永遠の1/8。 »

土地の認識に関する重大な差異について

 以前私は小田原に住んでいたわけですよ。

 で、住み始めた当初に横浜の友人を呼びました。駅に迎えにいって、再会した初めの言葉が、

ここ、何県?

 ・・・神奈川県です・・・多分・・・横浜と同じ・・・
 駅を出て、鷺と遭遇。
で、ここは何県?
 ・・・神奈川県です・・・きっと・・・
 三年間、二度と小田原に遊びに来てくれませんでした。私は何度も逝ったにも関わらず。

 結論。小田原は静岡県らしい。市外局番は熱海市と同じだし。富士山良く見えるし。
良い所だったですよ。箱根のターンパイクとか椿ラインとかをとろとろ(ここ重要)バイクで走って楽しかったし。ツナギの方々が凄い勢いで抜き去っていくこと。何故制限速度20キロの所でぬわキロ出しますかあなた方は。私はほえキロしか出していないというに。

 余談ながら、どうも世間の認識はそこの住人とは隔たりがあるようだ。ちゃんと地図を嫁。そこに確りと書いてあるだろうがホンマに。滋賀県が琵琶湖の中にあって、県外に出るにはミシガンでなく琵琶湖大橋であるとか淡路島のことを普通にラピュタと言うこと等も知られていないようだし。

 更に余談。地図と言えば国土地理院だが、地図閲覧サービスのお名前がウォッちずってのはどうよ。

|

« B・S・E! B・S・E! | Main | 永遠の1/8。 »

Comments

激しく既出ですが、こんな地図サービスもあります。

http://www.chakuriki.net/

Posted by: 湯田 | November 05, 2004 at 03:08 AM

知りませんでした。
ありがとうございます。

こういうの大好きで。

Posted by: Giraud | November 05, 2004 at 07:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26058/1863022

Listed below are links to weblogs that reference 土地の認識に関する重大な差異について:

» es muss sein 運命の声 2003.5.X 初出 [仙台インターネットマガジン ★仙台のフリーネット雑誌]
ボロロ族にも差別はある。 僕は衝撃を受けた。 ボロロ族にも、生地での差別や 粗野... [Read More]

Tracked on May 21, 2005 at 10:17 PM

« B・S・E! B・S・E! | Main | 永遠の1/8。 »