« 私は 露骨に 憂える 何故なら 懐柔された から | Main | 参加型ジャーナリズムについて後ろ向きに思うこと »

私の兄が大阪にてチンピラに絡まれた話

 ふと思い出したので。

 それは治安が良くて全国的に有名な大阪南部でのこと。河内の方、としておこうか。

 私の兄が友人二人と道を歩いていて、二人組のチンピラに絡まれた。絡むぐらいなので、当然険悪なムードになり、一触即発、つーか爆ぜました。


 結果。チンピラ二人が返り討ちに。

 私はその話を聞いた瞬間、そのチンピラバカじゃねーの、と思ったわけだ。我が兄一人ならまだしも、残りの二人がちと。

 ちなみに、兄は小柄でほんの、ほんの少し気の短い人。ごつい腕してたり、金色のブレスしてたり、ダンヒルのサングラスをしてたことも有ったり、昔内装が紫の旧セドリックに乗ってたりしてたが、ごく普通の人間。私はよう逆らわんが。

 残りの二人。一人は極真空手黒帯保持者。もう一人は自衛隊特殊部隊上がりだそうで。スキル使えば2対1でも勝てる方々。

 んー、やっぱチンピラバカじゃん。

|

« 私は 露骨に 憂える 何故なら 懐柔された から | Main | 参加型ジャーナリズムについて後ろ向きに思うこと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 私の兄が大阪にてチンピラに絡まれた話:

« 私は 露骨に 憂える 何故なら 懐柔された から | Main | 参加型ジャーナリズムについて後ろ向きに思うこと »