« 練炭デスOFFについて | Main | こんなの出ないかな »

がんがれ、超がんがれ。

 例によって悪魔日記経由で。

ソウル大教授「日本による収奪論は作られた神話」(朝鮮日報)

 日本による植民地時代に韓国が土地と食糧を収奪されたという韓国史教科書の著述は歪曲されたものだという主張が提起されている。
 李栄薫(イ・ヨンフン)教授がんがれー。応援してるぞよー。
 李教授「私たちが植民地時代について知っている韓国人の集団的記憶は多くの場合、作られたもので、教育されたものだ」

 こうした主張について市民団体は植民地状況自体が不法であるという点を見過ごしていると反発している。
 坊主憎けりゃけsゲフンゲフン。
 李教授「植民地時期全体を見れば、労働力搾取だとか、状況が・・・その中に不法もあり、そうでなかった場合もあり、様々な次元があるため・・・こうした状況を通称し収奪と表現するのでしょう」

 李教授の主張がメディアを通じ知れ渡るとインターネットの各掲示板でも熱い討論が展開された。植民地史観の先兵と変わりがないと非難する書き込みが殺到した。
 市民団体はね、何処も似たようなものですから。

 書き込んでいる連中の多くは戦争を実際に知らないし、経験者から直接聞いた輩も少ない筈なんだが、そうした方々程声高になる傾向があるのは何故?

 しかし教育って偉大ですこと。

|

« 練炭デスOFFについて | Main | こんなの出ないかな »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference がんがれ、超がんがれ。:

« 練炭デスOFFについて | Main | こんなの出ないかな »