« 断じて不可。 | Main | 要らぬ蘊蓄 »

Celestial Blue

あれなお薬の話では無くて。
ヒスイカズラという名の花の色のこと。


それはこちらを通してジャカランダの花を見たからー


ひと昔以上前の晴れた日。


大阪、鶴見の植物園でヒスイカズラに出会った、
花博の目玉として建てられ、終了後も続けて開館。
熱帯植物の区画の一角に、それは枝垂れて咲いていた。

花博開催時にはヒマラヤの青いケシも咲かせており、
その青い花も独特の色合いで印象に残ってはいたのだが。


植物らしからぬ色。花を見た時の偽らざる印象だ。
強めの陽射しを受けて、
それは房なりに咲き誇っていた。


hisuikazura2色々と見なれていたはずの僕だが、
この色合いに出会ったのは初めてだった。

あたかもその花の周りだけが、
本当の熱帯であるかのように熱く。

手に届く位置に花が咲いていたため、
自然に手はその素肌へ。



hisuikazura6素肌という言葉を今も使ってしまうほど、
そのときの僕は舞い上がっていて。

温室内のせいだろう、
花弁はしっとりとしていた。

花にそう感じたのは、
Flowersを見た時以来だ。

その時他も見て回った筈なのだが、
今思いかえすと。

それ以外何も思い出せない。

|

« 断じて不可。 | Main | 要らぬ蘊蓄 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Celestial Blue:

« 断じて不可。 | Main | 要らぬ蘊蓄 »