« ジャック・デリダ氏が亡くなったらしい | Main | 聞こえない声を聞く »

サイエンス・リテラシ

 とっつきがいい、ということは結構大事だと思う。

 天動説に関するエントリその2その1もあるよ)へのトラックバックを頂いて見に逝った時にも感じたことだが。

 こうしてブログを書いているが、今の更新頻度を保てるのも更新しやすいUI(ユーザインターフェイス)に支えられている。また、私はかれこれ10年来のマカーであるが、気にいっているのは目的達成(写真のレタッチとか文章書くとか)の際に襲いかかるハードルが少ないからである。無論最近ではMS系も熟れて来ており、差はあまり感じなくなってはいるが、使い慣れてるからね。

 さて、サイエンス。よくわかりたい人はかなりの数だと思うのだが、何分取っ付きが良く無いものが多い。特に最先端、悪過ぎ。私もそうしたニュース記事を各新聞社のサイトで見ることが多くなったが、時おり目から汗が出て止まらなくなりそうな記事に出会う。四大誌で言えば、産経は科学コーナーが無いので論外として、厳しいのは読売とか読売とか読売とか。英文記事のほぼ直訳に近い記事だったり、わざと分かりにくく書いてるのかと思わせる記事だったり。朝日毎日は比較的いい。政治、経済は素晴らしく香ばしいのに何故だ。特に毎日は理系白書のコーナーをつくったりしていて、意気込みは感じられる。脇の甘いところはあるが。

 ただ、それだけでは物足りない時もある。ライフサイエンス分野に限ると、英語記事ならPubMedと言うフリー文献検索サイトで、最低アブストラクトは閲覧できるのだが、やはり英語だと手こずる人は少なく無いだろう。私も分野が異なれば正直無理。気合いの無い俺にわかるかバーカ。日本語なら少しはましになる。また、有料のものには良質なのもあるが、趣味としては値が張るものが多い。そこで無料のサービスに絞り込みたい。
 私のお勧めはScience誌とNature誌の日本語アブストラクトだ。前者はリコーのボランティア?によるもので、後者はNature誌の販促の一環でアブストラクトのみを無料で提供(但しメアド等の登録が必要)している。見ていて謎な言葉がでてきたら、ぐーぐる先生に聞きたまえ。引っかからない時はしばらく寝かせてもう一度。

 医学系ならば、New England Journal of Medicine等もある。またはてなで類似の質問もされていた。参考までに。

|

« ジャック・デリダ氏が亡くなったらしい | Main | 聞こえない声を聞く »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サイエンス・リテラシ:

« ジャック・デリダ氏が亡くなったらしい | Main | 聞こえない声を聞く »