« [書評以前] 蟲師 第五巻 | Main | 沈黙は金 »

香田さんが

 残念ながら遺体で見つかったようだが。冥福を祈る。

 イスラエル経由で向かう等、限りなく迂闊な行動をとっていたせいか、右からのみならず左からも風当たりの強い扱いだったが。私としては、生還して欲しかった。何かそれ以前と異なる意識を持ってくれたろうに。

 常々、人格(のカーネルとでも云うべきもの)は二十歳までに固定されてしまい、そこからあと、見かけ(いわばシェル、ですか)は変化すれども中身は普通変わらない、と思っているのだが、これには例外が存在するようだ。戦争や大病や事故などで死にかけるとカーネルにパッチが当たるらしい。

 その意味で香田さんも生還すれば何か変容した存在になれたかも知れなかった。貴重な経験もしたことであるし、残念である。

 追記:政府は速やかに香田さんの死亡推定日時を調べ、公表して頂きたい。彼らの提示した48時間というものが、どうも了解できない故。あと、小泉総理の当初の判断への非難の声が高まると思うが、日時によっては少しかわせるよな。ちなみに私は総理の判断はそれほど非難されるものだとは思っていない。

|

« [書評以前] 蟲師 第五巻 | Main | 沈黙は金 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 香田さんが:

« [書評以前] 蟲師 第五巻 | Main | 沈黙は金 »