« 結婚についてのいくつかの提案 | Main | 香田さんが »

[書評以前] 蟲師 第五巻

そりゃあ たいそう悪い 冗談だ
 まさに待望の、と言えよう、漆原友紀氏の蟲師 第五巻。今度紡がれし妖精譚は沖つ宮、眼福眼禍、山抱く衣、篝野行、暁の蛇の五つ。それらのうち、個人的に強く印象に残るのは沖つ宮だ。

 或る小島を訪れたギンコ、"生みなおし"の噂を確かめる為に。小島の近くには、竜宮と呼ばれる海淵があり、その海淵で命を落とすと、もう一度赤子として生まれてくることができるという、全く同じ姿で。ギンコが宿を借りた家に住む澪の娘イサナも、澪の母であるマナの"生みなおし"だと。どうやら竜宮に住う蟲の営みがもたらすもののようだ。人を胚の状態へと戻す、いわばその人の生きた時間を喰らう蟲。

失った
愛しい者を
取り戻せる島
望めば永久に
別れずにすむ島……
ならば  ここは
まさしく楽土だ
……だが――
 澪は悩む。娘が娘と思えないと。満月の夜にアクシデントが起こり、ギンコは竜宮に引きずり込まれる。死を覚悟したギンコの脳裏に巡る思い。
……このまま
こいつに喰われれば
俺も 胚にまで
戻してくれるのだろうか
全てが始まる その前まで
……ああ
そりゃあ
たいそう悪い
冗談だ
 助かったギンコは、ただ、その島を去っていく。そして、生みなおしを是としないイサナに、澪は微笑む。
母さんと おんなじだ
さすが あんたは
あたしの 子だ――――
 この島ではこれからも"生みなおし"は続けられていく。"生みなおし"を選ぶもの、選ばないものが共存しながら――


 いずれ訪れるよく似た世界。私はギンコの立場に共感する。

|

« 結婚についてのいくつかの提案 | Main | 香田さんが »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26058/1802383

Listed below are links to weblogs that reference [書評以前] 蟲師 第五巻:

« 結婚についてのいくつかの提案 | Main | 香田さんが »